興信所の調査は違法と思われがちですが、合法の場合がほとんどです。

興信所の仕事は法律に引っかからない?

 

興信所の業務内容に疑問を持つ女性

 

興信所の仕事は、調査対象者に対して尾行や写真撮影をするなど、個人が直接やると違法性を問われる行動が多数あります
違法性を疑問視する方もいますが、興信所が行う仕事(調査)内容は基本的に合法です。
ただし、一部では法律的に際どいラインを攻めた調査をするケースもあります。
興信所の仕事が合法になるのか違法になるのか、パターンを交えて徹底解説いたします。

 

 

尾行はストーカー行為にならない?

 

興信所の主な調査手法になる尾行は、ストーカー行為になりません
一般的な付きまとい行為はストーカーに該当する可能性がありますが、興信所が依頼を受けて仕事として行う尾行はストーカー規制法に引っかかりません。

 

例外として、尾行していることがバレて当事者より付きまといをやめるように直接言われたにも関わらず、尾行を繰り返すと違法になる可能性があります。
尾行がバレた場合はスタッフを変えて日を改めて調査すれば、合法の範囲内で調査を続行できる仕組みです。
また、依頼者がストーカー目的など、違法行為をする目的で調査を依頼した場合、興信所は依頼を受けてはいけないルールになっています。

 

自宅の庭、マンションの敷地内などに入って写真撮影、張り込みをする行為は違法になり、興信所が行政処分を受ける事例でもっとも多いのは、こうした私有地への違法侵入です。
万一、興信所が違法行為を犯して処分される調査をしても、依頼者が指示をした場合を除いて違法にはなりません。
また、次の項目でも紹介していますが、配偶者の指示で自宅の敷地内に入って調査をする場合、戸建て住宅であれば合法です。

 

盗撮・盗聴

 

興信所は法的証拠を確保するため、調査状況を写真や音声に残す場合が多々あります
ホテルや自宅の出入りなど、公の場所で写真撮影する行為は違法ではありません。

 

女性を盗撮する調査員

 

自宅や車内など専有スペースで行為に及んでいる際に、窓から内部を撮影した場合は違法になりますが、興信所はそこまでの調査をしません。

 

また、不倫調査で妻から依頼があった場合、本人名義で所有する車や自宅に盗聴器を仕掛ける行為も合法です。
夫婦の共有財産に、一方(妻など依頼者側)の指示で仕掛けるのは合法恋人関係で調査対象者の個人名義の車などに盗聴器を仕掛けると違法になる場合があります。

 

聞き込み

 

興信所名や調査員の個人名を出す、もしくは名乗らずに行う聞き込みは合法です。
警察や行政職員など、身分を偽って本人や関係者から聞き込みをする行為は官名詐称などの違法性を問われます。

 

別れさせ屋

 

興信所が別れさせ行為をすること自体に違法性はありません。
ただし、別れさせる方法が強引で、対象者(別れさせようとする人)に対して損害の出る行為をすると違法性を問われる可能性があります。
また、別れさせ屋のトラブルで多いのが、興信所の用意した人員を接触させて肉体関係に持ちかける行為です。(ハニートラップなど)

 

ハニートラップを仕掛けてカップルを別れさせようとする調査員

 

万一、興信所の計らいで接触した人と肉体関係を結び、その証拠で別れさせようとしたことが判明すると、公序良俗違反になります。

 

不正業者・悪徳業者

 

ここまで紹介してきた内容は、調査対象者を相手にした違法性の可能性がある行為です。
一部の興信所は、届出をしていない違法業者や悪徳業者が存在し、こうした業者を利用した場合は依頼者が被害を受ける恐れがあります。

 

まずチェックしないといけないのは、探偵業法の届出の有無です。
興信所を開業するには届出が必要で、届出をしていない違法業者は対応が粗悪です。
また、不正業者と知りながら依頼した場合は依頼者も違法性を問われる可能性があるので注意しましょう。

 

また、正規業者でも一部で法外な料金を取ることや、2名以上の人員をかけると依頼者に約束し、実は1名のみで調査するなどの悪徳商法をしているケースがあります。
非常識な対応をされた場合は、興信所に対して詐欺罪などの違法性を追求できます。
悪徳業者の証拠を掴むのは困難ですので、根本的に悪徳業者へ依頼しないように、優良業者を見極めて依頼することが大切です。